成長期 食事

成長期の食事ならこんなメニューでこんな栄養素を摂らせましょう

成長期の食事は睡眠・運動と並びとても大事です。睡眠や運動ももちろん大事ですが成長期以外でも食事は大事ですよね。成長期のお子さんをお持ちの方に、成長期の食事にはどういったものがおすすめなのかをご紹介します。おすすめのメニューはいくつかありますが、代表的なものを紹介したいと思います。成長期の食事に大事なのは、カロリーをいかに効率的に摂取することができるかです。代表的なおすすめのメニューとして、ビーフカレー・シチュー・ハンバーグ・ミートソーススパゲッティ・カルボナーラ・ロースカツ・麻婆豆腐などがあります。これらのメニューはカロリーを多く摂取するだけでなく、骨をつくるタンパク質も摂ることができます。成長期の食事に欠かせないのはタンパク質の他にカルシウム・マグネシウム・亜鉛の4種類があり、これらは4大栄養素として有名ですよね。タンパク質は筋肉や骨の材料となる成長ホルモンの分泌を促進する働きを持ち、肉類・魚類・豆類・たまご・乳製品などに含まれています。
カルシウムも同じく成長期の食事には欠かせない栄養素です。カルシウムは歯や骨をつくるという大事な役割を持っています。また、神経活動を促すためにも重要な栄養素でもあります。男子は中学生頃に、女子は少し早めで小学校低学年頃に成長のピークを迎えるため、この時期の食事の中でもカルシウムの摂取はとても重要になってきます。カルシウムは乳製品・大豆製品・海藻・小魚などの海産物に含まれます。
マグネシウムは、カルシウムの体内への吸収を助ける役割を担っています。牡蠣・大豆製品・ほうれん草・ナッツ類・カツオなどに含まれています。カルシウム:マグネシウムを2:1の割合で摂取することで、より効果的に吸収することができます。ただ、ナッツ類はカロリーが高いため食べ過ぎると逆効果となってしまいますので、注意が必要です。
そして最後に、亜鉛は骨の形成を促進させる役割をもっています。亜鉛は体内での蓄積ができないので、毎日適量を摂り補給することが大切です。この亜鉛が欠乏してしまうと味覚障害を引き起こす原因となりますので、毎日摂取するようにしましょう。
成長期の食事にはカルシウムを摂取することが大事だとご紹介しましたが、このカルシウムを効率的に摂取するにはビタミンDが欠かせません。イワシ・さんま・鮭などの魚類・キクラゲ・しいたけなどのきのこ類に豊富に含まれています。またこのビタミンDは太陽を浴びることにより体内で生成されます。成長期には食事・運動・睡眠と大事なことがたくさんありますが、まずは食事の工夫から行い、お子さんには外で元気に遊ばせるようにしましょう。

関連ページ

お子さんの身長が極端に低い場合には病気の可能性も考えた方が良さそうです
子供たちの低身長には原因がいくつか考えられます。大きく低身長の原因を分類すると病気によるものとそれ以外によるものがあります。しっかりとお子さんの状況を見極めてそれぞれにピッタリの対応をとることが親御さんには求められます。
成長期の男子ってどんな感じなの?母親としてケアしてあげることって何?
成長期の男子はお母さんには謎なポイントが多いのではないでしょうか。そこで、成長期の男子に起こる肉体的+精神的な変化を紹介します。それにプラスしてこの時期の男の子と母親としてケアしてあげたいポイントについてもお伝えしていきます。
背を高くするためにピッタリな運動とダメな運動
背を高くしようと思ったら成長期に行う運動にも注意が必要です。基本的に成長期には運動をした方が良いですが、中には控えた方が良いものもありますので、こちらでしっかりとチェックしていってください。
お子さんの成長スピードは平均に比べてゆっくりなのか?
お子さんの成長期が周りの子供たちに比べると遅いのではないか?と心配されていますか。でも実際に平均的な成長期がいつぐらいの時期なのかを把握しないと遅いとも早いとも判断できないですよね。お母さんなら気になるであろうこのポイントについてお伝えしていきます。