成長期 遅い

お子さんの成長スピードは平均に比べてゆっくりなのか?

お子さんの成長期が他のお子さんと比べて遅い、と思っているお母さんは多いと思います。成長期とは別名思春期とも言い、一般的に11歳~18歳くらいの時期をさします。成長期は早い子どもでは小学校低学年から、成長期が遅い子どもでは高校生になってからくることも考えられます。平均的には中学生くらいに成長期がくる子どもが多いとされていますが、成長期にはそれぞれ個人差がありますので、遅いからといって心配しすぎないようにしましょう。

 

成長期では身体の変化の他に心理的変化も起こります。急に身体に変化が現れたことにより、強く戸惑うようになります。また、親や近い大人と距離を置きたがるのも特徴です。自分を客観的に見ることが可能になり、周囲の大人に対して何かと批判的になります。干渉を嫌がりますが、放っておくと「見放された…」と感じてしまい、矛盾した行動が目立ってきます。また、友人との関係も少しずつ変わってきます。親よりも歳の近い友人を大切にするようになりますが、心の中では「表面上の付き合いなのではないか」と思うようになります。親よりも一緒にいる友人との関係が悪くなることによりさらに悩みのタネが増え、いらいらしたりふさぎ込んだりすることが多くなります。この時期は自問自答や言葉と行動が矛盾することが特徴的です。さらに異性に対する関心も高まります。好きという感情を覚え、情緒不安定になることがあります。物事の本質に対する疑問も生まれ、何かをすることに対して必要性を見出したくなるのも思春期の特徴です。

 

そもそも成長期とは身体の骨端線が伸びることで身長が伸びるのです。骨端線がある時期が成長期であり、成長期がおわるとこの骨端線がなくなってしまいます。一般的には10歳~17歳頃に現れると言われています。成長期が遅い子は、この一般的に骨端線が伸びる時期が遅いために成長期が遅い可能性もあります。この骨端線というのは、レントゲン撮影をすることで見られる長骨の先端部分の、間接付近にある隙間をいいます。身長が伸びるであろう成長期に身長を伸ばしたい方は、骨端線の軟骨組織を増やすことが効果的です。つまりこの成長期に骨端線をどれほど伸ばせるかで身長の伸びが変わるのです。骨端線を増殖させるためには成長ホルモンを増やすことと、骨をつくるために必要不可欠な栄養素を摂取することが重要です。ですがやはり個人差があるので、頑張っているのに成長期が遅い、身長が伸びないといったことも出てくるかと思います。お母さんも焦らずにお子さんがのびのびとした生活ができるように、心にゆとりをもってお子さんと接するようにしましょう。

関連ページ

お子さんの身長が極端に低い場合には病気の可能性も考えた方が良さそうです
子供たちの低身長には原因がいくつか考えられます。大きく低身長の原因を分類すると病気によるものとそれ以外によるものがあります。しっかりとお子さんの状況を見極めてそれぞれにピッタリの対応をとることが親御さんには求められます。
成長期の男子ってどんな感じなの?母親としてケアしてあげることって何?
成長期の男子はお母さんには謎なポイントが多いのではないでしょうか。そこで、成長期の男子に起こる肉体的+精神的な変化を紹介します。それにプラスしてこの時期の男の子と母親としてケアしてあげたいポイントについてもお伝えしていきます。
背を高くするためにピッタリな運動とダメな運動
背を高くしようと思ったら成長期に行う運動にも注意が必要です。基本的に成長期には運動をした方が良いですが、中には控えた方が良いものもありますので、こちらでしっかりとチェックしていってください。
成長期の食事ならこんなメニューでこんな栄養素を摂らせましょう
成長期の食事として気をつけるポイントをズバッと紹介します。成長期の食事にはどんなものがぴったりでそこに含まれている栄養素の種類と体に与える影響についても一緒にお伝えしていきます。