ボーンペップ 効果

卵から発見されたあの成分の働きを紹介します

ボーンペップという言葉をご存知ですか?ボーンペップの効果や成分、基礎知識をご紹介したいと思います。このボーンペップは、子供の成長に関係すると言われています。卵黄から発見された骨の成長を助ける働きのあるペプチドタンパク質のことを言います。ペプチドというのは、タンパク質を分解して細かくしたもので、さらに分解し細かくしたものはアミノ酸になります。成長期の丈夫な骨をつくるため、骨の構成成分のカルシウムとボーンペップを同時に摂取することにより骨の成長を手助けし、骨密度を高めるための強い骨をつくるといった効果が期待できます。熱に対する耐性があるので酸に対しても安定するため、発育や健康状態にとって悪影響を及ぼす心配がない代表的な成分です、
そもそもボーンペップは卵黄から発見されその働きに注目が集まりました。鳥の卵の中にヒヨコに成長するために必要とされる栄養素が含まれていて、ヒヨコの成長の早さが注目され、卵に含まれている成分を研究した結果、卵黄に含まれているペプチドという成分が骨の成長を促進する効果があることが分かりました。骨(bone)ペプチド(peptide)からボーンペップという名前がつきました。

 

それでは次にボーンペップの効果をご紹介します。ボーンペップには3つの効果が期待できます。
1つ目に骨の伸長をサポートする効果です。ボーンペップとカルシウムを同時に摂取することで、カルシウムのみを摂取した場合に比べて骨が伸びる速度が速まるという結果が出ています。これはボーンペップが骨端で骨を形成する細胞を増やし、細胞を活性化させる働きがあるためです。特に成長期の子どもは骨をつくる細胞の新陳代謝が活発であり、骨が良く伸びます。ボーンペップの効果はカルシウムと同時に摂取することでさらなる骨の成長が期待できるということになります。
2つ目に骨密度を高める働きです。常に骨は古くなったものを壊し新しく生まれ変わる性質があります。しかしバランスが崩れることにより、新しく生まれ変わるよりも骨を壊す働きが活発になってしまうと、骨密度が低くなり結果もろくてスカスカな状態になってしまいます。その状態になると骨折の危険性が高くなります。そうならないためにボーンペップを定期的に摂取することで、骨密度を常に高い状態に保つことが大切なのです。
3つ目に丈夫な骨をつくる働きです。骨の役割は、身体を支える・カルシウムの貯蔵庫となり内臓を守るといった働きがあります。衝撃に強い骨を形成するために、丈夫で強い骨をつくり、維持することが大事なのです。カルシウムとボーンペップを同時に摂取することにより期待される効果は、子どもだけでなく大人にも現れています。丈夫で健康な骨を維持するためにも、ボーンペップの効果や知識などを頭に入れておきましょう。

関連ページ

成長期のダイエットでケアすべき一つが腸内細菌になります
成長期にダイエットしたいと考えているお子さんもいることでしょう。そんな時に無理をせずに成長期のダイエットをスムーズにするためには毎日の食事が大きく関係する腸内環境にも心を配ることが重要となります。
育ち盛りにはしっかりと食べてこれは摂取させてあげよう
成長期にどのような栄養を摂取するからお子さんの体が大きくなるには欠かせない要因です。そこで、成長期にはどのような食事をさせてあげてどんな栄養を摂取させてあげるのが良いかを紹介していきます。
ボーンペップの基礎知識|どんな成分?効果は?
ボーンペップという卵黄ペプチドをご存知でしょうか。卵からひよこにかえるまでの成長スピードに着目して見つかったボーンペップについてどんな成分なのかについて解説していきます。