ボーンペップ

ボーンペップの基礎知識|どんな成分?効果は?

お子さんをお持ちの皆さん、ボーンペップはご存知でしょうか?子どもの成長に聞いたことがある方も多いと思います。実際聞いたことがあるけどどんな成分でどんな効果があるのか、意外と知られていないのも事実です。そこで、このボーンペップが子どもの成長にどのように関係があるのかをご紹介していきます。

 

ボーンペップは卵黄から発見されたものであり、骨の成長を助けるペプチドタンパク質という成分です。ペプチドはタンパク質を分解し細かくしたもので、さらに細かくすることによりアミノ酸へと変わります。カルシウムは丈夫な骨を形成する成分であり、骨を丈夫に一緒にボーンペップを摂ることでさらなる効果が期待できます。この2成分を同時に摂取すると骨密度を高めることもできるのです。ボーンペップの最大の特徴は健康や発達に悪影響を及ぼす心配のないことです。ボーンペップという名前は、骨(bone)、ペプチド(peptide)からつけられました。

 

それではボーンペップにはどういった効果があるのかをご紹介します。
1つ目に骨の成長を助ける効果です。先述した通り、カルシウムのみを摂取した場合とボーンペップを一緒に摂取した場合ですと、一緒に摂取した方が効果的だという結果が現れています。カルシウムのみを摂取した場合よりも骨が伸びるスピードが速くなるのです。特に成長期の子どもの場合は骨をつくる組織が活発に働き骨が伸びやすくなっているため、カルシウムとボーンペップを一緒に摂取することによりさらなる骨の成長に効果的だという結果が出ているのです。
2つ目に骨密度を高める効果です。骨は古くなったものを壊して新しく生まれ変わるといった性質を持っています。しかしバランスが崩れ骨を壊す働きが優位になってしまうと、骨密度が低くなり骨折する危険性が高くなってしまうのです。それを避けるためにもボーンペップを効率的に摂取し、骨密度を一定の状態に保つようにしましょう。
3つ目に丈夫な骨をつくる効果です。骨は身体を支えるという大事な役割をもちますが、他にもカルシウムの貯蔵庫となって内臓を守る働きも持っています。強くて丈夫な骨を形成するためにも、ボーンペップの摂取をおすすめします。また、成長期の子どもだけでなく大人にも効果的だという研究結果が出ています。お子さんだけでなくお母さん自身も摂取してみましょう。

 

このボーンペップはサプリメントでも摂取することができます。運動・睡眠・食事と成長期に大事なことはたくさんありますが、ボーンペップの効果や特性も理解し、活用してみてください。

関連ページ

成長期のダイエットでケアすべき一つが腸内細菌になります
成長期にダイエットしたいと考えているお子さんもいることでしょう。そんな時に無理をせずに成長期のダイエットをスムーズにするためには毎日の食事が大きく関係する腸内環境にも心を配ることが重要となります。
育ち盛りにはしっかりと食べてこれは摂取させてあげよう
成長期にどのような栄養を摂取するからお子さんの体が大きくなるには欠かせない要因です。そこで、成長期にはどのような食事をさせてあげてどんな栄養を摂取させてあげるのが良いかを紹介していきます。
卵から発見されたあの成分の働きを紹介します
卵から見つかった骨の成長に深く関係しているボーンペップにはどのような効果があるのでしょうか。お子さんの成長には欠かせないボーンペップの驚きの効果についてお伝えしていきます。