成長期 ダイエット

成長期のダイエットでケアすべき一つが腸内細菌になります

お年頃の成長期のお子さんならダイエットが気になるケースも多いことでしょう(特に女の子場合には)。そんな成長期のダイエットと大きく関係しているとして注目を最近になって特に集めているのが腸内環境とそれを構成する腸内細菌になります。極端な意見をお持ちの方には腸内環境次第で太ることもあれば痩せることもあるなんていうケースも。では、どのように関係していくのかを紹介していきます。

 

ダイエットを考える方なら成長期に限定しなくてもなかなか痩せられない自分に対して何であの人は自分以上に食べているのに太らないのだろう?なんてことがあるのではないでしょうか。この疑問に対する答えの一因となるのが、最近特に注目されていて研究が進歩している腸内細菌とそれによって構成される腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)です。

 

2006年にアメリカにあるワシントン大学のゴードン博士たちのグループが科学誌「ネイチャー」にとある研究を発表したことから一気にダイエットと腸内細菌との関係が注目されるようになりました。ちなみにネイチャーは科学者なら誰でも一度は掲載を夢見る世界的な研究雑誌です。

 

この研究では人為的に腸内にまったく最近のいない無菌マウスに太ったマウスと太っていないマウスの腸内細菌叢を移植して、それぞれの体細胞の増加をチェックしました。すると、太ったマウスの腸内細菌叢を移植した場合には体細胞が増加するのに対して、太っていない腸内細菌叢を移植した場合には体細胞の増加は見られませんでした。

 

この研究結果から腸内細菌叢のバランスによって太る・太らないが変化することが示唆されたわけです。さらに詳しくどんな最近が含まれているかを比較したところ、太ったマウスではファーミキューテス門に属する細菌の数が多くなっており、バクテロイデーテス門に属する細菌の数が少なくなっている傾向が見つかりました。これらの細菌数のバランスが太る・太らないといった結果につながったと考えられました。

 

ファーミキューテス門の細菌が多くなると分解される食べ物の量が多くなら、本来ならそのまま排出される食べ物まで分解・吸収することで太ることに繋がるをいうわけです。ここら辺の情報は成長期のお子さんにダイエットとも無関係ではありませんね。本来なら食べ物が不十分な時代には人類にとっては欠かせない要素だったのですが、飽食となった現代においてはその効果が裏目に出てしまっているんですね・・・

 

関連ページ

育ち盛りにはしっかりと食べてこれは摂取させてあげよう
成長期にどのような栄養を摂取するからお子さんの体が大きくなるには欠かせない要因です。そこで、成長期にはどのような食事をさせてあげてどんな栄養を摂取させてあげるのが良いかを紹介していきます。
卵から発見されたあの成分の働きを紹介します
卵から見つかった骨の成長に深く関係しているボーンペップにはどのような効果があるのでしょうか。お子さんの成長には欠かせないボーンペップの驚きの効果についてお伝えしていきます。
ボーンペップの基礎知識|どんな成分?効果は?
ボーンペップという卵黄ペプチドをご存知でしょうか。卵からひよこにかえるまでの成長スピードに着目して見つかったボーンペップについてどんな成分なのかについて解説していきます。