成長期 栄養

育ち盛りにはしっかりと食べてこれは摂取させてあげよう

「うちの子、最近はよく食べるのよ」というお母さま達の声をよく聞きます。

 

お子様が成長期に入って背が伸び始め、洋服や制服の裾が短くなっているのではないかと気になり始める時期。

 

「そんなにお肉ばっかり食べてないで野菜も食べなさい」と厳しく言っても「はいはい」としか聞いてくれなくて本当に困ってしまいますよね。

 

それでもきちんと必要なものは食べさせてあげたい母心。

 

という事で成長期に必要な栄養素について紹介しましょう。

 

 

1 お肉や魚に含まれるたんぱく質は成長期にとって大事!

 

お子様達がお肉が好きなのには理由があります。

 

それはお肉がたんぱく質を多く含んでいるからです。

 

大人から見ると「お肉はカロリーが多すぎる」としか見れませんけれど、成長期の子供には良質なたんぱく質とカロリーがとても必要なのです。

 

たんぱく質はアミノ酸が合成して出来たもので、人の体を形作り、筋肉や血だけでなく、内臓も髪の毛も爪もみんな
このたんぱく質で作られています。

 

たんぱく質を多く摂取することで脳内の成長ホルモンが活発に分泌されて背を伸ばしたり、筋肉を作ったり、骨を丈夫にしたりするのです。

 

ですから、子供は大人より一層多くのたんぱく質を摂取しなくてはならず、男の子であれば85g。女の子であれば70gは摂取するように勧められています。

 

ではなぜカロリーも一緒に摂取しなくてはならないのかというと、たんぱく質とカロリーの両方に含まれている成長因子、IGF-1が必要だからです。

 

IGF-1とはインシュリン様成長因子と呼ばれ、成長ホルモンと共に筋肉や骨を増加し、伸ばし、強くしていくものですので、IGF-1の血中濃度が高ければ背もよく伸びます。

 

お子様が好きなビーフカレーやステーキや ハンバーグにはこれらのたんぱく質とカロリーが沢山含まれているので、どんどん食べさせてあげたいものですが、動物性たんぱく質ばかりをとってはさすがにカロリーオーバーになるので、大豆などの植物性たんぱく質を摂取する事も忘れないでおきましょう。

 

たんぱく質が不足すると体が弱くなってしまいますが、その理由はたんぱく質には様々な種類があり、筋肉を収縮させたり、栄養や酸素を血中に運んだり、免疫力を高め、体調をと整える作用があるからです。

 

体を作り、維持していく為にたんぱく質は必須条件です。

 

2 乳製品や小魚に含まれるカルシウムは成長期にとって大事!

 

お子様の背が伸びるのはどうしてなのでしょうか?

 

それに最も関わっているものとして「骨端線」があります。

 

骨端線は子供にしかない骨の組織で、古い骨を溶かす壊骨細胞と新しい骨を作る骨芽細胞の2つがあり、この繰り返しで身長を伸ばしていくのですが、骨端線の成長を促し骨密度を上げ、丈夫な骨を作るのがカルシウムです。

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は勿論、小魚等にもカルシウムが含まれていますが、注意しなくてはならない事があります。

 

それはカルシウムは体への吸収率が低いので、それを助ける為にはビタミンDが必要という事です。

 

特に牛乳にはリン酸が含まれているのでカルシウムの吸収を阻害する要因がありますが、ビタミンDによって吸収率を高めます。

 

ビタミンDはきくらげに最も多く含まれていますが、イワシやサンマ、サケやキノコ類に含まれていますが、日光にあたる事で体内で生成されるものでもありますので、外でよく運動する事でより骨を丈夫していきますしょう。

 

3 バナナ等に含まれるマグネシウムは成長期にとって大事!

 

バナナやナッツ類、ひじきやわかめ、納豆やゴマなどに豊富に含まれているマグネシウムはミネラルの一つで体の中では作る事が出来ないので食べ物から摂取するしかありません。

 

マグネシウムには骨や歯を作り、それを強化し、体温を普通に保ったりする栄養素ですが、特にカルシウムと一緒に摂取する事でその吸収率が上がるのでカルシウム2に対しマグネシウム1で摂ることをお勧めします。

 

 

4 牡蠣などに含まれる亜鉛は成長期にとって大事!

 

亜鉛といえば「味」を感じる能力を引き出す栄養素として有名ですが、亜鉛の持つ力はそれだけではなく、新しい細胞を作ったり、たんぱく質の合成には欠かせない栄養素で、さらに髪の毛や肌の新陳代謝を促します。

 

亜鉛を最も多く含んでいる食品は牡蠣がダントツですが、納豆や和牛や豚のもも肉にも含まれています。

 

いかがですか?

 

4つの栄養素を摂る事は成長期にとってとても大切な事だというおはおわかり頂けたと思いますが、いつもバランスよく摂取できるわけではありませんよね。

 

そういう時は、お子様向けのサプリメントの利用をしてはいかがでしょうか?

 

そのいくつかを紹介します。

 

・ドクターセノビル
カルシウム・鉄・ビタミンD、さらに卵の黄身から抽出されたボーンペップを含んでいる飲み物です。

 

・セノビール
成長をサポートするボーンペップ、アルギニン、ビタミンB群などが含まれています。

 

・のびのびスムージー
成長アミノ酸アルギニンやカルシウムなどを含むサプリメントです。

 

・MAXGPCα
錠剤でαーGPCとアルギニン、プロテタイトの三大成分に加え、50種類の栄養素が入っています。

 

 

・ウイィダージュニアプロテイン
子供の成長に必要なたんぱく質にカルシウム、鉄、ビタミンB群 を配合したプロテインです。

 

・カルシウムグミ
ヨーグルト味のカルシウムを中心とした栄養素が含まれているグミ。

 

 

育ち盛りには時々サプリメントの力を借りつつ、おいしく栄養があるものをどんどん食べさせましょう。

 

関連ページ

成長期のダイエットでケアすべき一つが腸内細菌になります
成長期にダイエットしたいと考えているお子さんもいることでしょう。そんな時に無理をせずに成長期のダイエットをスムーズにするためには毎日の食事が大きく関係する腸内環境にも心を配ることが重要となります。
卵から発見されたあの成分の働きを紹介します
卵から見つかった骨の成長に深く関係しているボーンペップにはどのような効果があるのでしょうか。お子さんの成長には欠かせないボーンペップの驚きの効果についてお伝えしていきます。
ボーンペップの基礎知識|どんな成分?効果は?
ボーンペップという卵黄ペプチドをご存知でしょうか。卵からひよこにかえるまでの成長スピードに着目して見つかったボーンペップについてどんな成分なのかについて解説していきます。